SNSとしての非モテSNSは、非モテ+に引っ越しました!

オタサーの姫とネット友達になったらオフ会の後にホテルでエッチできた

まっくん

こんにちは。30代SEのまっくんです。
僕は大学時代の彼女とたまたま初体験して以降は彼女もなくエッチのチャンスがゼロでした。
それがこの前偶然参加したオフ会の成り行きでオタサーの姫とあっさりホテルでエッチできてしまいました。
オフパコなんて都市伝説だと思っていましたが、案外あるかもという僕の話をさせてください。

オタサーの姫がいるグループに加入

社会人になってから出会いのチャンスもなく、女の子と直接話すチャンスもなかった僕はネット友達を求めてTwitterに入り浸りです。
アニメ繋がりで相互フォローを増やしていくうち、気がついたらフォロワーが1000人単位に。

そんな中でコスプレ写真を定期的に上げてくるフォロワーの一人、ユミの取り巻きがLINEグループを作ってるのを察知したので僕も当然そっちにも加入しました。
リアルでは冴えない僕ですがネット上では割と饒舌なので、なりゆきでグループ内のリーダー格になっていたわけです。

オフ会に参加したら周りの男がパッとしない

LINEグループからの流れでオフ会が企画され、女子は例のユミと他数人、男子は僕以外は絵にかいたようなキモ〇タくんばかりの参加でした。
僕自身リアルの集まりでは目立たない負け組なのです。

でも、「さすがにこれは勝算あり!」とか勝手に思って張り切る僕。
ネット人格をリアルでも維持してユミの隣に陣取って、ネット上同様にユミを姫扱いしてオフ会の間中ずっと独占しちゃいました。

ちやほやされるのが好きなオタサーの姫

ユミはロリータ系のヒラヒラした水色のドレスを着て明るめのアッシュヘアの巻き髪、カラコンを入れていてパッチリメイク、ちょっとぽっちゃり気味の体型でアニメ声で話しかけてくる。
僕が「ユミさん最高に似合ってるよ!」「実物のほうが100倍いいよ!」「お酒足りてますか?」「料理取り分けますね。」とか姫扱いでちやほやすると「ありがとぉ~♪やさしいねっ!」とか応じてくれる。

僕も調子に乗ってユミを離さないし、他の男メンバーたちも諦めてる感じで僕とユミに割って入ろうともしませんでした。

酔った姫を介抱して二人きりに

ユミは僕が勧めるがままに結構ハイペースで飲み続けて、僕も
「ワイン似合うよ。写真撮っていい?」
とかおだてまくってしまいました。

最後のほうになるとユミはフラフラになっていて、飲み会解散後僕が
「ちょっと自販機で水買ってくるからそこに座ってて」
とかユミを介抱してると他のメンバーは気を使って帰ってしまいついに二人きりに。

しかもベンチでは酔ったユミが「ありがとぉ~♪」とか言いながら僕に身体をもたれてきました。
これだけでも女の子のぬくもりに飢えてた僕は有頂天です。
正直股間も大きくなりっぱなしでした。

酔った勢いで誘惑されてホテルへ

しばらく公園のベンチでユミを介抱してるとユミが
「ちょっと寝たら復活する~♪」
というので
「こんなところで寝たら風邪ひくよ。ファミレスいく?カラオケなら入れるかな。」
と聞いてみました。

するとユミからまさかの
ホテルでもいいよ~♪あっちに見えるじゃ~ん。」
との発言が!

心臓がバクバクしながらも僕が
「いやいや冗談だよね?」
と聞いても
「コラッキミはそれでも男の子かっ!」
とか言いながらうつろな目でデコピンしてきた。
マジかよ!こんなラッキーがあってもいいのか?と思いつつ僕は頭が真っ白になりながらユミをホテルに引っ張っていきました。

久しぶりのエッチは緊張したけどめっちゃ気持ちよかった

千鳥足のユミとホテルの部屋に入るとユミはすぐベッドにどさっと倒れ込みました。
僕は緊張しながらもユミの上から覆いかぶさって舌を入れてキスをしながら「ぬ…脱がしてもいい…?」って聞きながらユミの肌を触りまくる。

ユミはほとんど無抵抗で誘うような声でアンアン喘いで、その間僕はユミのロリータ服をめっちゃ苦労しながら脱がしました。
だってドレスの後ろは長い紐で締めてあってユミがベッドに寝そべったままだとなかなか取れないし、スカートをふんわりさせるために下にもいろいろ履いてるし。
コルセットとかでいろいろ締め付けられて跡がついたままのユミの裸は妙にエロかったのだけが記憶にあります。

酔って寝そべったまま声だけアンアン喘ぎ声をあげるユミの乳首とクリを最初にしばらく舐めた後、正常位で挿入したら僕は結構あっさりすぐ射精しちゃったけどめっちゃ気持ちよかった。
エッチが終わった後ユミはそのまま裸で朝まで寝ちゃって朝になったらお互い淡々と支度して帰宅しました。

その後はネット上で今まで通り

そのエッチの後もLINEグループで今まで通りユミを含めたみんなとやり取りしてるんだけど、ユミは何事もなかったように僕に接してきます。
もしかしてユミが酔いすぎて覚えてなかったってことは無いと思いますが、また直で誘ったら二人きりでデートできてエッチできるのか、それだけがちょっと不安です。