SNSとしての非モテSNSは、非モテ+に引っ越しました!

暇つぶしチャットアプリで出会ったネット友達を大人にさせちゃった話

ツグミ

はじめまして、30歳既婚の兼業主婦ツグミといいます。
今回は初めてネット友達ができ、その子とのなれそめをお話したいと思います。
全てノンフィクションです。
そのため小説のようなきれいな形ではありませんが、最後までお読みいただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

ネット友達が初めてできた

私は旦那とのレスで不満が溜まっていました。
たまたま暇つぶしに投稿したチャットアプリに返信をくれた男の子。
そのネット友達(ネッ友)とのなれそめをお話ししますね。

最初は数通やり取りして、またね~なんてお世辞で終わりました。
だけど数日後また、その子から連絡くれたんです!
またねって言って再度連絡くれた子なんて初めてだったからすごくびっくりして即返信しちゃいました。

そこから連絡先交換して毎日何気ないやい取りをし始めてネット友達になりました。
朝起きて「おはよう」夜寝る前「お休み」もうそれでだけでなんだか新鮮な気持ちになりました。
実は今までアプリで知り合ってこんなに仲良くなったネット友達っていなかったんですよね。

だんだんと彼を思う気持ちが強くなる

話しているうちにだんだんと彼のこと、私のことを話していきました。
彼は私より10も年下の20歳。
しかも関東と関西の遠距離。

すごく落ち着いていて、だけどやっぱりどこか子供っぽくて、そういうところがとても新鮮に感じていました。
遠距離なこともあって、お互い空いた時間にメッセージを送ったり、電話したりして2ヶ月くらいのこと。
私が仕事でどうしても苦しくて、そんな愚痴をいつものように聞いてくれてました。

そこで私の中で抑えていたものが爆発しちゃったんですね。

「会いたい」
そう彼に告げました。
彼は即答はしませんでした。

私が既婚者、歳が離れてる、遠距離、学生と社会人。
私たちには色んな障害があって彼を悩ませたと思います。

そこで私は
「○月○日そっちに行くから、会うかどうかはそれまで考えておいて」
と伝えました。

少しほっとしたのか「うん」と彼は一言返しただけでした。
そのあとは当日まで普段通り、毎日メッセージのやり取りをして、できるときは電話して、なるべく負担にならないように会うことの話題は避けました。

でもやっぱり気になりますよね。

ついに1週間後に迫ったので、
「どう?会うか考えてくれた?」
と聞いたらそこで発覚したのが彼はまだ童貞だったということです。

歳とか遠距離とか以前にそれを気にしてたんだな~って思うと、彼には悪いけどすごくかわいく思いました。

私が既婚のことは伝えてありますがその点は逆に気にならなかったようです笑
私は素直に
「童貞だとか関係なく○○くんに会いたいんだよ、エッチまでしなくてもお話しするだけでもいいから
と伝えました。

これは本心です。
本当に会ってみたかったんです。
それに彼はまた「うん」と答えてくれて私はもう嬉しくてまたまた即返信!

「ありがとう!楽しみにしてるね」と。

ついに当日!

当日、私は新幹線に乗って焦る思いを抑えながら彼のもとへ向かいました。
テレビ電話もしてたはずなのに最初は二人ともどぎまぎしてましたが、話しているうちにだんだんいつも通りになってきたんです。

この時点でまだ連絡を取り合って3か月しか経ってないのですけどね。
何気ない会話からだんだんとそういう話になっていきました。

実は私は基本受け身なのですが、今回は彼の為に自分なりに彼を喜ばせようとたくさんコミュニケーションを取りながら事を進めていきます。
10も離れているし、実際の女性の裸を見たことがないのですごくじろじろ見られたり触られたりしましたが、それも新鮮でかわいくてぎゅーって何回も抱きしめてしまいました。

でも相性ってありますよね。
彼が初めてということもありますし、エッチ自体は完走はできなかったので結局ご奉仕で終わりました。
それでも「たのしかった」と言ってくれたので私は満足です。

二人とも寝るのが惜しくて朝方までずっとくっついて離れませんでした。
おそらくこの時点で最初で最後だと二人ともどこかで悟ってたのでしょう。
付き合ってもいなければ、ただのネッ友ですから。

翌日のチェックアウト後、ごはんを食べて解散
名残惜しくて何回も電車を逃してしまいました。

でも私には帰るところがあります。
彼にも学校があります。
最後のわがままでちゅーをしてもらってお別れしました。

寂しいお別れ

その後はまた普段通りのやり取りが続いたのですが、だんだん連絡の頻度が落ちていきました。
最終的には彼から「彼女ができたから連絡はもうできない」とメッセージが。

予感はしてましたし心の準備もできてたのですが、やはり現実は苦しく寂しいものですね。
私は彼の人生に少しでも関われたこと、新鮮な気持ちにさせてくれたことの感謝を告げてお別れしました。

現在は音信不通ですし、こちらから連絡ができませんのでどう過ごしているかはわかりませんが、元気で彼女さんと仲良くしていることを願っています。
ネット友達からこんな形になるなんて想像してなかったですが、私にとっては良い時代になりました。