SNSとしての非モテSNSは、非モテ+に引っ越しました!

ネット友達と恋愛テクニックを駆使して同棲・結婚までたどりついた話

eyesan

こんにちは。四十代既婚女性のeyesanです。

この記事は、今から二十年ほど前の話。

とあるメンタルヘルス系サイトで出会った3歳上の男性との思い出を書きます。

お互いに病を持ったふたりが、どんな風にして幸せになるに至ったのか?

最後までお読みいただけると嬉しいです。

初めてのチャットでネット友達ができた

私は、自分が病気にならなければきっとチャットなど知らずに生きてきたと思います。

ですが、うつ病になり、一人暮らしの孤独に耐えられず、チャットに手を出しました。

そこは特に出会い系チャットなどではなく、私のように病気をもった人たちが集まる、メンタルヘルス系チャットで、おそるおそる入っていった感じです。

私は、うつ病でしたが、病気の間も働いていました。

ですが、このチャットの中のほとんどの人は引きこもり
引きこもっていない人を探す方が大変でした。

そんな中で、数少ない働いている人を見つけて。
親しく話したり、お互いの一人暮らしの話などするに至りました。

初めてのオフ会、そして

それからチャットではその人とかなり親しくなったのですが、
まだお互いに顔を見たことはありませんでした。

そんな中で、このチャットでもオフ会を開くことに決定。

引きこもりの人たちのオフ会なんてできるのかな?なんてかなり疑問に思いながら、とりあえず興味本位だけど行ってみよう!と思いました。

さて、実際に行ってみたら、その時は6人くらいいました。

大体は引きこもりの人ではなく、働いている人たちが集まって。
とりあえずまずは飲もう!ということになり、私も調子にのってガンガン飲みました。

あ、れ、れ、れ?

かなりハイスピードで飲んだので、足がふらつきまして
結局その場で倒れてしまったようです(意識なし)。

私の家は隣の県で、タクシー代はそんなにありません。
その時に、ネット友達が「俺が運んでいくよ」と言ってくれたようです。

そしてたどり着いたのは…

そこはネット友達の家だった?!

たどり着いたのは、そのよく喋るネット友達の家でした。
私はどうも泥酔して運ばれた模様。

あーやっちゃったー…。

そして、ネット友達に呆れられました

ネット友達「飲みすぎだよ。」
私「はい、スミマセン。」

その後、ネット友達は彼女に振られたばかりという話をしてくれました。

私も実は、結婚する予定だった人に失踪されて、落ち込んでうつになってしまったんだ、という話をしました。

私「お互いに寂しいんだね…。」

そして、いつの間にか、私は甘えた声を出していました。

ネット友達は、その時からただのネット友達ではなくなりました

キスをして、その後も…。

通い彼女、そして同棲

それから、私は彼の家に通い続けました
寂しい夜は必ず彼の家に行き、甘えていました。

お互いにただその時は寂しいだけだったのかもしれません。
でも、そこからだんだん情が出てきて、さらに仲良しになっていきました。

あまりにも私が毎日毎日彼の家に通うので、ほとんど私は家にいない状態に。
そして、たまに家にいても、必ず毎日、彼に電話をするようになっていて。

彼が睡眠薬で寝てしまうと、すねてまた起こして。

そんなことが続いたので、とうとう一緒に住むことを決意しました。

お互いの勤務先に近い物件を一緒に探し、お互いに引越しをしてきました。

毎日毎日が、ラブラブの日。
甘えたり、一緒にゴロゴロとしていたりしていました。

そして結婚へ

半年くらいそんな生活を続けていて。

私も27歳になりました。

もう少しで28歳になるよ、というその時、私は彼に伝えました。

私「もうそろそろ籍入れたい。
彼「ああ、まぁいいかもね、そろそろ。

夜桜咲く道を歩き、私たちは区役所へ、婚姻届を出しに行きました。
こうして、私たちは夫婦になり、今に至っています。

桜の季節になると、いつもこの時のことを思い出します。

当時は、ネット友達から結婚するなんて…と言われていた時代でしたが、結果的にはこれで幸せになっているので良いかなって思っています。