当サイト、1番の人気の思い出話を見る。

共通の趣味で出来たネット友達が、今ではリアルの相談話もできる仲に!

23歳男性のかんたいP

こんにちは、23歳男性のかんたいPと申します。この記事は2年前の話です。

皆さまよく使っているであろうTwitterで今では親友とも言えるネット友達ができたので、そのことについて、お話していこうと思います。

リツイート機能を駆使して共通の趣味の人を見つける

私は当時あるスマホアプリにハマっていたのですが、リアルにそのゲームをやっている人が周りにおらず、語り合える友達が欲しいなと思っていました。

そこでTwitterに目をつけました。

ハッシュタグを付けて「〇〇やってる人と繋がりたい」というツイートをしたところ、沢山リツイートをしてくれる人が居て、すぐにそのゲームをしてる人が集まってきました。

今でも親友のネット友達も、その1人でした。

ダイレクトメッセージでさらに深い事を話せる仲に

その集まってきた共通の趣味を持つ人の中で、特に気の合う人がいたのでTwitterのダイレクトメッセージを使って頻繁に交流をするようになりました。

これを使うと他のだれにも見られる事がなく、1対1でやり取りができるので非常に深い話をすることができ、お互い大分距離が縮んだように感じました。
その人とのやりとりは大変楽しく、毎日3時間くらいはやりとりをするような仲になっていきました。

ネットで友達を作る事が初体験だったので、初めは不安でしたが、すごく良い人と友達になる事ができたのでTwitterを利用して良かったと思います。

リアルで会うことに

半年くらいやりとりを続けた時の事だったと思います。

相手の方から「リアルで会わない?」ということを言ってきました。

自分としてはリアルで会うことだけは少し抵抗がありました。
ネット友達とリアルで会ってトラブルに巻き込まれたという話をよく耳にしていたからです。

その時は「会うのはちょっと…」という返信をしたのを覚えています。

それから少し経って「Skypeで通話しよう」という事を言われました。
それなら自分としても抵抗がなかったので、することにしました。

実際通話をしてみるとお互い話が弾んで楽しく、ほぼ毎日Skypeで通話をするようになりました。
そして、自分の方が「この人と会ってみたい」と思うようになりました。

幸い住んでいる場所がそこまで遠くなかったので居酒屋でその友達と会うことにしました。
自分はかなり緊張していたのですが、会ってみると意外とすんなり話をすることができました。

お互いお酒が入っていたので、普段以上に会話が弾み、とても楽しかった事を今でも覚えています。

相手は自分より7つくらい年上だった事もありすごく聞き上手でとても自分にとっては居心地の良い時間でした。

今では何でも相談できる人生の先輩に

その人との関係は今でも続いていて、仕事の悩みや恋愛関係など何でも相談し合える仲になりました。

特に相手が、社会人経験が豊富な人で自分にとっては良い相談相手でした。

自分が彼女と結婚しようか悩んでいた時に最初に相談したのもその人でした。

「お前、そんな大切な事、俺に相談してもいいの」

と笑われた事を今でも覚えています。

お互いに仕事が忙しくてなかなか会うことはできていませんが二ヶ月に一回はその人と会ってお酒を飲むのでいつもその日を楽しみにしています。

お互いに知り合ったキッカケは、共通のゲームをしているだけという些細なものでしたが、今では大切な親友です。
引っ込み思案な性格で、なかなかネット上でも友達が作れなかった自分でもできたので、Twitterにはとても感謝しています。

初めて連絡を取り合った時は、まさかここまで大切な友達になるとは思っていませんでしたが、人の出会いとは何があるのかわからないものだなと思います。

皆さんも、インターネットを通して一生の友達を作ることができるかも知れませんよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です