当サイト、1番の人気の思い出話を見る。

何となく始めたスマホゲームをしていたらネット友達ができた話をする

ライト

こんにちは、20代未婚男性のライトと言います。

この記事は半年ほどに出会ったゲーム好きな20代前半の女の子とのお話です。

比較的メジャーなゲームであり、今どきのネットを通じた出会いであるため共感できる部分が多いと思います、つたない文章ですがよろしくお願いします。

私とネット友達の出会い

出会いは第五人格というゲームでした。

このゲームはサバイバーと呼ばれる逃げ手が4名、ハンターと呼ばれる追い手が1名で鬼ごっこをする非常に単純明快なゲームで、半数以上逃げればサバイバーが勝ち、半数以下ならハンターの勝ちという非常に単純なゲームで今現在はまっているゲームの一つです。

ある日このゲームをしていてチャットが届いたのです。
失敗すると罵詈雑言が飛び交うチャットのため普段はあまり見ません。

ただむしろ今回に限って言えば私が非常に良いチェイスという逃げの行動をとって勝ちになったので、文句を言われる筋合いないぞと内心思っていた。

恐る恐るチャットを覗くとナイスチェイスでした、うまいですねといったもので、非常にうれしかったのでありがとうと伝えたところ、

一緒にやりませんか?

と誘われたのが私と彼女の最初の出会いです。

初めての通話

チャットでの連絡をきっかけにフレンドになりました。
ここでツイッターのIDを交換し、ツイッター経由でスカイプのIDを交換して通話しながらゲームをしようということに。

なぜ通話までトントンと会話が発展するかと言いますと、サバイバー側は半数以上が逃げなければならないのですが、今私がここにいてこういう状況だということをチャットで伝えられるのですが、チャットだと15秒に一度しか送れないのです。

15秒間のうちに状況はどんどん変わるわけで、常に連絡取れたほうが勝ちやすいのは明白なので、可能なら通話してやろうぜというのがこのゲームの標準なのです。
そんなわけで通話しながらやることに。

キャラクター名もツイッター名なども基本的に女性らしい名前ではなかったので男性だろうと勝手に思い込んでいました。
そりゃゲーム人口は男性のほうが多いので、言われなければみんなも男性と思うはず。

電話での第一声、それはもうめっちゃ驚きましたね。

妹でもいるの?

って聞くくらいには気が動転していました。

そこでそのプレイヤーが女性だということを知ったのです。

初めての共同作業?

初めて一緒にゲームをプレイしたのですが、初心者と思えない動きや発言にびっくり。

聞いてみると彼女、ゲームが好きで似たゲームをプレイしていたとのこと、身の回りにゲーム好きの女性がいなかった私はまたしてもびっくり。
私が世界は広いなというと、大げさすぎるでしょと言いながら笑っていました。

こういったゲームは同性異性にかかわらず通話しながらやると盛り上がるケースが多く、私は毎日夜に行うこのゲームの時間が非常に楽しくそれはもう仕事を残業しないよう全力で片づけていました。
ただ恋愛には発展しません、それはお互い彼氏彼女がいたからです。

お互い恋人にこういった関係の友人がいるとは言ってあり、私たちの彼氏彼女もゲームが好きなので理解もあり、時には

「馬鹿野郎、へたくそーー!」

と言ったり、

「はよ助けてやー」

といった軽口をたたきながらするゲームがあることで、毎日が楽しかったです。

時はたち二人から四人へ

最初はゲームだけのつながりでした、それでいいとも思っていたし、不満もなかったです。

ある日ふとその子から、

彼氏も交えて一緒にゲームしない?

と誘われました。

私の彼女もゲームが好きでそもそもこのゲーム4人まで組んでできるので4人でできるならば絶対楽しいと思ったのです。

元々、彼女の横で私はゲームをし、彼女も彼の前でゲームをしていてやましい関係ではないとわかりきっていたのであっさり承諾されることに。
お互い関東県内だったため東京のとあるカフェで待ち合わせをし、一緒にゲームをすることに。

二人でやった時よりも楽しく、また集まってやろうねと盛り上がり、2,3カ月に一度のペースで集まっています。

GWに会ってまたみんなでやることになっているため、当時を思い返しつつここに記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です