当サイト、1番の人気の思い出話を見る。

昔好きだったバンドマンSNSでネット友達になってそのまま貢いだ話

みみみちゃん

こんにちは。SNSで自己顕示欲を満たしている20代のみみみちゃんです。

昔好きだったバンドマンからDMが届き、そのまま友達になれたと思ったら、気づいていたら貢いでいた話です。

貢がない意思があったのになぜ貢ぐようになってしまったのか、最後まで読んでいただけたら幸いです。

出会いはTwitter

わたしは昔バンドの追っかけをしていました。

ある日突然好きだったバンドマンからフォローが。

誤フォローかと思い、そのままお相手に告げたところ「気になったからフォローしました」とのこと。
その時の私は舞い上がっていました。

だって憧れの人から「気になった」と言われたのですから。
それからメッセージを重ね気づけばネット友達だと思い込んでいました。

ネット友達からリアルの友達へ

ある日突然

「いまから家来ない?鍋しようよ」

と言われ、異性だったので少し怖かったのもありましたがやっぱり憧れの人からのリアルのお誘いが嬉しく、テンション上がりながら向かっていました。

その時はまだ普通の友達。
貢ぐようなことなど考えてもいませんでした。

一緒にご飯を食べて幸せな時間を過ごせました。

次の日昼時になりお昼ご飯に行こうとすると、

「お金ないから奢って欲しい」

と、彼から告げられました。
まあご飯代くらいなら…と甘やかしたのが事の始まりでしたで

毎日ごはんを貢ぐように…

貢にも色々ありますよね。
現金をそのまま貢ぐことだけでなく、物貢、ご飯貢など…

既にこの段階で私は「ごはんを貢いでいました」。

ただその当時の私は1人でご飯を食べることが寂しくご飯くらい大したことない…
と思い何も感じず貢いでいました。

ただ段々とエスカレートしていき、仕事終わりに電話が毎日「近所のコンビニでお弁当買ってきて」と。

ちなみに私と彼の家は真逆で、今思えば何故そんなに通って、毎日のようにごはんを貢いでいたのか分かりません(笑)

多分ネット友達からリアルの友達へなれたことが嬉しく、その縁を切りたくなかったのでしょう。

ついに現金を要求してくるように…

ある日突然「携帯代が払えない、4万貸してほしい」と連絡が。
最初はさすがにそれはできない、と断りました。

私の中ではごはんは時間を共有できるものですが、携帯代…現金を貢ぐのはこのままいくとさらに要求される、という考えがまだありました。
「お金は後でちゃんと返すから」と言われましたが彼は収入がかなり不安定だったので、信用はなく。

そこで彼から提案が
「キャッシュカードと暗証番号渡すから次の給料から勝手に引いていい」
との事でした。

そこで私は気を許してしまいついOKを。

まあ4万くらいなら半分くらい返してくれればいいかと、私の金銭感覚も狂っていたので4万、貢ぐ、と言うより貸すことにしました

返ってこないお金

「次の仕事で10万はいるから」
「明日派遣に行くからその仕事のお金が入るから」
という言葉を信じ待ち続けましたが、一向に口座にお金が入ることはありませんでした。

そのころまだ会っていましたが会う度にごはんは貢ぎ「お金が足りない」と言われれば黙って貢いでいました。
気づけば総額10万超え。

周りに相談もし、もう私は諦めこのまま貢いで終わろうと縁を切ることにしました。
彼にとっては私は金づるだったのでしょう。

ネット友達の異性に貢ぐこと

お金絡みの話は難しいという経験を得たと思います。
ネット友達から異性の友達になりテンションが上がっていた私が馬鹿だったのだと思います。

まさか数千円のご飯貢がこんなことになるとは…貢ぐ、という行為は悪い事だと決して思いません。
ただ騙されないようにしてほしいです。

いまはネットが普及しており、ネット友達というのがいる方が沢山います。
相手の身元がわかっていても、気づけば貢ぐことになっていることなんて山のようにあります。

ネット社会の恐ろしさと貢ぐことには慎重に…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です