1番人気の思い出話はコチラ

【姫プレイ】ネトゲで知り合ったネット友達にリアルで会い、貢いだ私の末路

31歳既婚の真田

こんにちは、31歳既婚の真田と申します。

この記事では約8年前にネットゲームで知り合った女性にリアルで接触し、たった一度ですが貢いでしまった男の末路を紹介したいと思います。

これからネットゲームを始めようと思っている方、又はすでにプレイしている方もこの記事を読んで参考にしていただけたら幸いです。

ネットゲーム上での出会い

私は今から約8年前にとあるネットゲームを始めました。
当時独身で時間もあった私は毎日夜遅くまでプレイしていました。

ネットゲーム、いわゆるオンラインゲームは初めてでしたが、フレンド(ネット上の友達)もたくさんでき、やがてチームへのお誘いがありました。

私は快諾しフレンドのチームに入隊、チームリーダーの女性に挨拶をし、チームメンバー全員から歓迎されました。
このチームリーダーの女性との出会いがまさか後に私のリアルにまで干渉してくるとはこの時は夢にも思いませんでした。

姫プレイ

ネットゲーム上には(姫プレイ)というものが存在します。

MEMO
一人の女性を周りの男が守り、又は甘やかせて何でも言うことを聞き、文字通り姫のように扱うことです。

私が入隊したこのチームリーダーの女性がまさにこれで、チームメンバーから姫ちゃんとして扱ってもらい、姫プレイを楽しんでいました。
私も周りのメンバーに毒され、すっかり姫プレイを楽しみ、姫ちゃんに尽くして遊ぶようになりました。

当時私はブログを書いており、ある日そのことをチームメンバーに話したところ、姫ちゃんから、

「ブログとかすご~いw私のこと書いてよw」

と言われ、当時の私はおかしかったんでしょうね・・・
この申し出を受け入れ、その日の記事にネトゲの姫ちゃんのことを書いてアップしました。

すると次の日に、姫ちゃんからフレンドチャット(フレンドとの二人でのチャットで周りからは見えないもの)がきました。

「ブログ見たよ!ありがとう!感激~」

というような内容でした。
そして姫ちゃんからなんと、

「ねえ、番号交換しようよw」

と言われ・・・・

リアルでの出会い

もう一度言いますが、当時の私はネトゲ初心者で頭おかしかったんでしょうね、なんと姫ちゃんと携帯番号を交換してしまいました。

ネット友達と連絡先の交換をすることは普通のことだと思っている当時の私を、今思えばぶん殴りたいですね。

携帯の番号を交換してからは、ゲーム中やゲーム終了後に毎日のように姫ちゃんから電話がかかってくるようになりました。
会話の内容はゲームのことやリアルのこと、どこに住んでいるかなど、何でも話していました。

そして2か月ほどたったある日、ゲーム後の姫ちゃんとの電話中に私が、

「出張で東京の○○に行くんだ~」

と話すと姫ちゃんが、

「うそ!そこ私の家近いよ!会おうよw」

と言ってきました。

さすがに2か月間ほぼ毎日電話をしてきた私も姫ちゃんに興味、というか少し好意が芽生えていた為、出張終了後に会う約束をしました。

出張での業務終了後、待ち合わせ場所に向かうと姫ちゃんが立っていました(目印があったのですぐに分かった)

「○○ちゃん?」

と声をかけると

「はい!○○君?会いたかった!」

と言われ初対面の女性に抱き着かれました。

正直姫ちゃん結構可愛かったのでイヤな気はしませんでしたね・・。

居酒屋に行き、ゲームのことや私のブログのことをたくさん話し、酔った姫ちゃんの方から私の宿泊するホテルに行きたいと言われました。

当時若かった私はこの申し出を当然受け入れ、その夜、なんと姫ちゃんと一線を越えてしまいました。
次の日、地元に帰る前の私に姫ちゃんが、何かプレゼントが欲しいということで二人で百貨店に行きました。

買ってほしいと言ったものが、あるブランドのネックレスでなんと35000円・・・。

高いと思いつつも当時独身でまだお金にも余裕があった為、このネックレスを購入しプレゼントしました。
一夜を共に過ごした後のこの状況・・・これじゃプレゼントというより貢ぎですね・・・

姫からストーカーへ・・・

そこからが地獄でした・・・。

ネトゲ内で彼女面をしだし、なんと周りに私と一線超えたことやネックレスのプレゼントのことを言いふらし始めたのです。

なぜそんなことを言いふらすのか神経を疑いましたが、どれも事実ですし、姫ちゃんへの好意も増していたため、耐えるしかありませんでした。

そんな中、仲の良いフレンドの一人からフレンドチャットがきました。
そのフレンド曰く、どうやら姫ちゃんは周りのチームメンバーに対して、私から無理やり会おうと打診があり、リアルで会い、ホテルに連れ込まれたと吹聴しているとのこと。

完全に私が悪役になっているじゃないですか・・・。

また別のフレンドには、一晩私と寝ただけでネックレス貢いでもらったと自慢しているという話も聞きました。
これにはさすがに私も頭にきて、すぐに姫ちゃんに電話し、真偽を問いました。

姫ちゃん曰く、姫の立場を守るために仕方なくそう言ったとのこと・・。

だったら最初から言わなければいいのに・・私もやっと目が覚め、姫ちゃんとのフレンドを解消し、電話も拒否設定しました。
後に周りのフレンドから聞いた話しですが、姫ちゃんは私にやり捨てされたと言いふらしていたらしいですが、もうどうでも良いです、この日を境にネットゲームをやめました。

ネトゲをやめてから1週間ほどたったある日、知らない番号から着信がありました。
電話に出ても何の応答も無い・・。

イタズラかな・・そう思い番号を拒否設定すると、今度は非通知で電話がかかってきて、また何の応答も無い、そんなことが2週間ほど続きました。

ある日また電話がかかってきて出るも、何の応答も無い・・・私は、あっ・・と思い、

「姫ちゃん・・・?」

と聞くと、電話越しに、

「なんで捨てたの?」と・・・・。

今までの人生でここまで鳥肌がたったことはありませんでした。
二度と電話かけてこないでと言い、すぐに電話を切りました。

次の日に携帯ショップに行き、携帯を解約し番号の変更を行いました。

まさかネトゲが原因で携帯番号を変えることになるとは夢にも思いませんでした。
住所を教えていなかったことだけが不幸中の幸いです。

たった一度一線を越えたことと、高額なものを貢いでしまったことでこんな目に合うとは・・・

皆さんもネットでの出会いには気を付けてください。

今回の話に似た貢ぎ話

アメーバピグで出来たネット友達にベタ惚れして、貢ぎまくってしまった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です